Adobe Experience Cloud

タイムテーブル

Adobe Symposium 2018
2018.9.3 - 5  |  Grand PrinceHotel Newtakanawa

9月4日(火) Day1は『テーマ』で絞り込みが出来ます

9月5日(水) Day2は『業種』で絞り込みが出来ます

セッションの絞り込み

テーマ

CV

コンテンツ マーケティング
& ベロシティ

CJ

カスタマー ジャーニー

CI

カスタマー インサイト

CA

顧客獲得

AP

Adobe Cloud Platform

CC

クリエイティブ
コラボレーション

BW

ビジネス ワークフロー

SP

スポンサー

  • 9月3日(月)
    Partner Day
  • 9月4日(火)Day1
    Solution & Technology
  • 9月5日(水)Day2
    Industry & Case Study

9月3日(月) プレカンファレンス

Partner Day

Partner Dayはアドビ製品の販売パートナー様を対象にしたプログラムです。
ご登録方法につきましては、販売パートナー様へ弊社担当者よりご案内させていただきます。

※販売パートナーに未登録の方はまずはこちらからご登録ください 。
http://www.adobe.com/jp/partners.html

13:00~14:00

PT-1 13:00~14:00
Opening Keynote
※同時通訳
ご挨拶
  • アドビ システムズ 株式会社
  • 代表取締役社長
  • ジェームズ・マクリディ
Adobe Experience Cloudビジネスの展望
  • アドビ システムズ 株式会社
  • 専務執行役員
  • 鈴木 和典
Adobe Experience Cloudパートナー戦略
  • 日本マイクロソフト株式会社
  • パートナー事業本部
  • グローバルパートナービジネス本部
  • 業務執行役員 本部長
  • 佐藤 久
  • アドビ システムズ 株式会社
  • デジタルエクスペリエンス営業本部
  • パートナー営業部長
  • 執行役員
  • 有待 剛

PT-1 13:00~14:00

Opening Keynote

※同時通訳
ご挨拶

ジェームズ・マクリディ
  • アドビ システムズ 株式会社
  • 代表取締役社長
  • ジェームズ・マクリディ

Adobe Experience Cloudビジネスの展望

鈴木 和典
  • アドビ システムズ 株式会社
  • 専務執行役員
  • 鈴木 和典

Adobe Experience Cloudパートナー戦略

佐藤 久
  • 日本マイクロソフト株式会社
  • パートナー事業本部
  • グローバルパートナービジネス本部
  • 業務執行役員 本部長
  • 佐藤 久
有待 剛
  • アドビ システムズ 株式会社
  • デジタルエクスペリエンス営業本部
  • パートナー営業部長
  • 執行役員
  • 有待 剛

14:20~15:00

PT-1 14:20~15:00
より適切な顧客体験を提供するプロダクトデザインと演出を実現するソリューション
※同時通訳
  • マーク・イーマン
  • アドビ システムズ社

PT-1 14:20~15:00

より適切な顧客体験を提供するプロダクトデザインと演出を実現するソリューション
※同時通訳

マーク・イーマン
  • アドビ システムズ社
  • デジタルマーケティングBU
  • Marketing Cloud
  • エバンジェリズム統括責任者
  • マーク・イーマン

Adobe Experience Cloud のビジョンとロードマップをご紹介するセッションです。
よりお客様の琴線に触れるメッセージをお届けするために Adobe が進めているプロダクト デザインや、実現するためのソリューションをご紹介致します。
パートナーの皆様には、貴社のビジネスを伸ばす中の一つとして Adobe Cloud 製品群をご検討、ご活用いただけるような内容を予定しております。

15:20~16:00

PT-1 15:20~16:00
エクスペリエンス ビジネスへの変革を支える記録システム (SoR)
※同時通訳
  • クラスジャン・タッカー
  • アドビ システムズ社

PT-1 15:20~16:00

エクスペリエンス ビジネスへの変革を支える記録システム (SoR)

クラスジャン・タッカー
  • アドビ システムズ社
  • デジタル マーケティング プロダクト
  • マネジメント ディレクター
  • クラスジャン・タッカー

SoR (Services of Records) Adobe Experience Cloud の中核となる Experience Data Model、Marketing Exchange についてご紹介する予定です。

16:20~17:00

PT-1 16:20~17:00
Analytics & Audience Manager で何が起きているのか!?
~Marketplaceのリリースを中心に、この1年を総復習~
  • 安西 敬介
  • アドビ システムズ 株式会社

PT-1 16:20~17:00

Analytics & Audience Manager で何が起きているのか!?
~Marketplaceのリリースを中心に、この1年を総復習~

安西 敬介
  • アドビ システムズ 株式会社
  • アドビ カスタマー ソリューションズ統括本部
  • プロダクト エバンジェリスト 兼 シニアコンサルタント
  • 安西 敬介

17:20~18:00

PT-1 17:20~18:00
Adobe・Microsoftで実現する利便性と安全性を両立させる基盤と新しい顧客体験
  • 松崎 剛
  • 日本マイクロソフト株式会社
  • 曽我 拓司
  • 日本マイクロソフト株式会社

PT-1 17:20~18:00

Adobe・Microsoftで実現する利便性と安全性を両立させる基盤と新しい顧客体験

松崎 剛
  • 日本マイクロソフト株式会社
  • パートナー事業本部
  • テクニカル エバンジェリスト
  • 松崎 剛
曽我 拓司
  • 日本マイクロソフト株式会社
  • パートナー事業本部
  • パートナー テクノロジー アーキテクト
  • 曽我 拓司

2016年9月の提携の発表以降、Adobe と Microsoft は着実に連携を進めてきました。本セッションでは、その提携の根幹である Adobe Experience Cloud の基盤でも使用される Microsoft Azure についてご紹介する予定です。
・利便性を確保しながらミッション クリティカルな現場で利用される Azure ・(事例) Azure AI & Dynamics 365 連携で提供可能な新しい顧客体験
・紹介事例の技術要素解説

18:15~19:45

PT-2 18:15~19:45
カクテルパーティ
パートナーアワード授与式

PT-2 18:15~19:45

カクテルパーティ
パートナーアワード授与式

マイケル・ミラー
  • 担当バイスプレジデント
  • マイケル・ミラー
足立 光
  • 担当バイスプレジデント
  • マイケル・ミラー

9月4日(火) Day1

Solution & Technology

Day1は、Adobe Experience Cloudの製品情報を中心としたプログラムをご用意しています。

10:00~12:00

K-1 10:00~12:00
Keynote

顧客体験をビジネスの中心に

※同時通訳
  • ロブ・マクラフリン
  • Sky
  • 平野 拓也
  • 日本マイクロソフト株式会社
  • ジェームズ・マクリディ
  • アドビ システムズ 株式会社
  • スティーブ・ハモンド
  • アドビ システムズ社
  • 石井 龍夫
  • アドビ システムズ 株式会社
  • 安西 敬介
  • アドビ システムズ 株式会社
  • 高橋 サラ
  • アドビ システムズ 株式会社

K-1 10:00~12:00

顧客体験をビジネスの中心に
※同時通訳

ロブ・マクラフリン
  • Sky
  • デジタル アナリティクス、データ戦略担当
  • ロブ・マクラフリン
平野 拓也
  • 日本マイクロソフト株式会社
  • 代表取締役 社長
  • 平野 拓也
ジェームズ・マクリディ
  • アドビ システムズ 株式会社
  • 代表取締役社長
  • ジェームズ・マクリディ
スティーブ・ハモンド
  • アドビ システムズ社
  • プロダクトマネージメント担当
  • シニアディレクター
  • スティーブ・ハモンド
石井 龍夫
  • アドビ システムズ 株式会社
  • デジタル エクスペリエンス営業本部
  • エグゼクティブフェロー
  • 石井 龍夫
安西 敬介
  • アドビ システムズ 株式会社
  • アドビ カスタマー ソリューションズ統括本部
  • プロダクト エバンジェリスト 兼 シニアコンサルタント
  • 安西 敬介
高橋 サラ
  • アドビ システムズ 株式会社
  • アドビ カスタマー ソリューションズ統括本部
  • テクノロジー ソリューション コンサルティング部
  • スペシャリスト ソリューション コンサルタント
  • 高橋 サラ

アドビのトップメッセージ、国内外の先進企業の事例紹介とともに、Adobe Experience Cloudの最新機能をソリューションのデモを通してご紹介します。

13:20~14:00

S-1 13:20~14:00
CV
顧客体験の最適化とAdobe Marketing Cloud
  • 吉田 正人
  • アドビ システムズ 株式会社

S-1 13:20~14:00

CV

顧客体験の最適化とAdobe Marketing Cloud

吉田 正人
  • アドビ システムズ 株式会社
  • アドビ カスタマー ソリューションズ統括本部
  • ソリューション コンサルタント
  • 吉田 正人

増え続けるチャネル、高まる企業への期待値、このような状況の中、どのように全てのタッチポイントにおいて顧客にとって魅力的なメッセージを提供するか、コンテンツ管理者は日々頭を悩ませています。
この実現のためには、テストやパーソナライズを通じて顧客ごとにコンテンツを最適化していくことが一般的ですが、これはテストや顧客のパターンごとにコンテンツが必要となることを意味します。
コンテンツはチャネルごとにバラバラに、施策ごとにゼロから作成。このような旧来の方法に頼っていては、限られたリソースの中で魅力的な体験を提供することは到底不可能です。
このセッションではAdobe Marketing Cloudの中でも、Adobe Experience ManagerとAdobe Targetの2つのソリューションに焦点を当て、この2つを組み合わせることで、どのようにコンテンツの運用をスケールし、顧客ごとに最適化された体験を提供できるかをご紹介します。

S-2 13:20~14:00
CJ
顧客体験を向上させるためのエンゲージメント基盤
~エンゲージメントを深めるためのAdobe Campaign実践~
  • 楊野 勇智
  • アドビ システムズ 株式会社

S-2 13:20~14:00

CJ

顧客体験を向上させるためのエンゲージメント基盤
~エンゲージメントを深めるためのAdobe Campaign実践~

楊野 勇智
  • アドビ システムズ 株式会社
  • アドビ カスタマー ソリューションズ統括本部
  • シニアソリューションコンサルタント
  • 楊野 勇智

Adobe Experience Cloudの中でもAdobe Campaignは顧客とのエンゲージメントを深めるために活用されます。本セッションでは、エンゲージメントを深めるためにどのようにしてAdobe Campaignをご活用頂けるかをご紹介致します。また、Analytics、Audience Manager、Experience Managerなどのソリューションと連携することで、マーケティング全体での顧客体験向上を行う方法をご紹介いたします。

S-3 13:20~14:00
CI
顧客体験を向上させるデータマネジメント基盤
~Adobe Analytics Cloudの最新機能をご紹介~
  • 安西 敬介
  • アドビ システムズ 株式会社

S-3 13:20~14:00

CI

顧客体験を向上させるデータマネジメント基盤
~Adobe Analytics Cloudの最新機能をご紹介~

安西 敬介
  • アドビ システムズ 株式会社
  • アドビ カスタマー ソリューションズ統括本部
  • プロダクト エバンジェリスト 兼 シニアコンサルタント
  • 安西 敬介

Adobe Experience Cloudの中でもデータマネジメントの中核を担うのが、Adobe Analytics Cloudです。オウンドメディアのデータを中心に計測・分析・アクションにつなげるためにどのような活用が出来るのか、Adobe Analytics、Adobe Audience Managerを中心に、直近でリリースされた各製品の新機能も合わせてご紹介していきます。

S-4 13:20~14:00
SP
日本HP Eコマース成長のリアルストーリー
  • 岡戸 伸樹
  • 株式会社日本HP
  • 小林 大介
  • 株式会社電通デジタル

S-4 13:20~14:00

SP

日本HP Eコマース成長のリアルストーリー

岡戸 伸樹
  • 株式会社日本HP
  • 常務執行役員
  • Eコマース事業本部 兼 コンシューマー事業本部
  • 事業本部長
  • 岡戸 伸樹
小林 大介
  • 株式会社電通デジタル
  • 執行役員
  • ソリューション事業統括責任者
  • 小林 大介

飽和が語られるPC市場において、日本HPのPC事業は10四半期連続での市場を上回る成長によりシェアを高めており、自社Eコマースサイト「ダイレクトプラス」の売上拡大はその牽引役のひとつとなっています。
・その裏側にはどのような取り組みがあったのか? うまくいったこと、いかなかったことは何か?
・Adobeのソリューションをどのように活用してきたのか? これから更にどのように活用していく予定か?
・事業成長パートナーとしてエージェンシーに期待することは何か?
 etc.
Eコマースの事業責任者が本音で語ります。

S-5 13:20~14:00
SP
ブランド価値向上に向けた、デジタルマーケティングへの取り組み
  • 山本 耕志
  • 株式会社JVCケンウッド
  • 岡田 宗久
  • 電通アイソバー株式会社

S-5 13:20~14:00

SP

ブランド価値向上に向けた、デジタルマーケティングへの取り組み

山本 耕志
  • 株式会社JVCケンウッド
  • ブランド戦略部
  • 部長
  • 山本 耕志
岡田 宗久
  • 電通アイソバー株式会社
  • プラットフォームデベロップメント部
  • バイスプレジデント
  • 岡田 宗久

様々な事業やブランドをグローバルに展開されている株式会社JVCケンウッド様が、いまブランド価値向上と高度なデジタルマーケティングの推進を目指し、Adobe Experience Cloudの活用に取り組んでいらっしゃいます。

デジタルや様々なデバイスが普及した事による顧客行動の変化の中で、
・JVCケンウッドを取り巻くビジネス環境の変化と課題
・ブランド価値向上と高度なデジタルマーケティング推進の実現を目指す上での、意思決定までの社内活動と経営とのコミュニケーション
・グローバル企業であるJVCケンウッドとしての取り組み / 課題? 向かうべき方向性
を、株式会社JVCケンウッド ブランド戦略部 部長の山本 耕志様に語って頂きます。

S-6 13:20~14:00
SP
エクスペリエンスチェーンを創出するマーケティング設計
  • 菅原 尚史
  • アクセンチュア株式会社

S-6 13:20~14:00

SP

エクスペリエンスチェーンを創出するマーケティング設計

菅原 尚史
  • アクセンチュア株式会社
  • デジタルコンサルティング本部
  • シニア・マネジャー
  • 菅原 尚史

―顧客体験をつなぐ、点で終わらないマーケティングとは―

顧客体験はイチサービスの個別最適(点)で提供するのではなく、サービス同士をつなぎ、顧客の消費行動プロセスをつないだ全体最適(面)で提供するべきです。
日々のマーケティング活動を推進する中でともすると見失いがちな顧客視点を、本当の意味でビジネスの中心に据えるにはどういった点に留意すべきか、についてご紹介します。

S-7 13:20~14:00
BW
人生100年時代、今こそ必要な働き方とは。「働き方」をデザインしよう!
  • 小林 史明
  • 衆議院議員
  • 小室 淑恵
  • 株式会社ワークライフ・バランス
  • 山田 五郎
  • 評論家

S-7 13:20~14:00

BW

人生100年時代、今こそ必要な働き方とは。「働き方」をデザインしよう!

小林 史明
  • 衆議院議員
  • 総務大臣政務官
  • 内閣府大臣政務官
  • 小林 史明
小室 淑恵
  • 株式会社ワークライフ・バランス
  • 代表取締役
  • 小室 淑恵
山田 五郎
  • 評論家
  • 山田 五郎

日本は人生100年という新時代を迎えています。今こそ、これまで多くの日本人が行ってきた働き方から脱却し、新しい「働き方デザイン」を模索する時期に来ていると言えるでしょう。例えば、ざまざまな業務もタイムマネジメント視点で短縮化が図れるのであれば、個人がハッピーになれるだけでなく、めぐりめぐって組織もハッピーになる、という好循環が期待できます。当セッションでは、カジュアルな演出のもと、働き方改革について普段から独自の視点で言及されているスペシャルなゲストをお招きして、自由なトークを通して新たなサジェスチョンをご提示します! 

14:20~15:00

S-8 14:20~15:00
CV
マルチチャネル時代のコンテンツプラットフォーム
  • 坂本 広志
  • アドビ システムズ 株式会社
  • 永島 充
  • アドビ システムズ 株式会社

S-8 14:20~15:00

CV

マルチチャネル時代のコンテンツプラットフォーム

坂本 広志
  • アドビ システムズ 株式会社
  • グローバルサービス統括本部
  • コンサルティング本部
  • エクスペリエンスプラットフォームAEM部
  • シニアコンサルタント
  • 坂本 広志
永島 充
  • アドビ システムズ 株式会社
  • グローバルサービス統括本部
  • コンサルティング本部
  • エクスペリエンスプラットフォームAEM部
  • シニアコンサルタント
  • 永島 充

顧客との接点が多様化している現在、様々なチャネルで一貫したコミュニケーションを実現するため、コンテンツのプラットフォーム化が重要なカギとなります。
本セッションでは、Webコンテンツの管理基盤としてAdobe Experience Managerを導入する際に、コンテンツを一元化し、多種多様なサイトデザイン・チャネル・言語等に対応するためのプラクティスを紹介いたします。

S-9 14:20~15:00
CJ
AI × クロスチャネル × パーソナライゼーション
  • 坂本 亮介
  • アドビ システムズ 株式会社
  • 加藤 彬
  • アドビ システムズ 株式会社

S-9 14:20~15:00

CJ

AI × クロスチャネル × パーソナライゼーション

坂本 亮介
  • アドビ システムズ 株式会社
  • アドビ カスタマー ソリューションズ統括本部
  • プロフェッショナル サービス事業部
  • STAACコンサルティング部
  • コンサルタント
  • 坂本 亮介
加藤 彬
  • アドビ システムズ 株式会社
  • アドビ カスタマー ソリューションズ統括本部
  • プロフェッショナル サービス事業部
  • STAACコンサルティング部
  • コンサルタント
  • 加藤 彬

オウンドメディア、メール、ソーシャル、アプリなどいったマルチチャネルを用いてお客様とのコミュニケーションを図る事は当たり前の時代です。
しかし現状は各チャネル個別でのメッセージとなり、またチャネルが増える事に比例して運用負荷が増大しております。
本セッションでは、Adobeソリューションを用いて、チャネル間でAIを使った統一したコミュニケーションと運用負荷の軽減を実現する解決策をご紹介します。

S-10 14:20~15:00
CI
測ってますか?自分たちのデジタルマーケティング成熟度
  • 山田 智久
  • アドビ システムズ 株式会社

S-10 14:20~15:00

CI

測ってますか?自分たちのデジタルマーケティング成熟度

山田 智久
  • アドビ システムズ 株式会社
  • ビジネスコンサルティング本部
  • エクスペリエンスビジネス部
  • シニアコンサルタント
  • 山田 智久

デジタルマーケティングを推進するために、自分たちの立ち位置を把握することは大切なこと。では、どのように自社のデジタルマーケティングの成熟度を評価するべきか?その問いに対して、いくつかの視点・切り口から自社のデジタルマーケティング成熟度を評価し、一段上に上げるためのワークプロセスをご紹介。

S-11 14:20~15:00
CA
アートとサイエンスによるパーソナライズド広告エクスペリエンス
※同時通訳
  • イハラ キヨシ
  • アドビ システムズ社

S-11 14:20~15:00

CA

アートとサイエンスによるパーソナライズド広告エクスペリエンス
※同時通訳

イハラ キヨシ
  • アドビ システムズ社
  • Advertising Cloud グループプロダクトマネージャー
  • イハラ キヨシ

今年3月のAdobe SUMMITで発表されたAdobe Advertising Cloud Creativeの詳細をお伝えします。広告のターゲティングとパーソナライズを迅速に行う方法をカスタマー事例を交えて紹介いたします。Adobe Advertising Cloud CreativeがAdobe Creative CloudやAdobe Experience Cloudとシームレスに連携することで、デザイナーと広告主の効率的な協業が実現する仕組みをぜひご覧ください。

S-12 14:20~15:00
AP
Adobe Experience Cloudの中核、Adobe Cloud Platformの紹介
※同時通訳
  • クラスジャン・タッカー
  • アドビ システムズ社

S-12 14:20~15:00

AP

Adobe Experience Cloudの中核、Adobe Cloud Platformの紹介
※同時通訳

クラスジャン・タッカー
  • アドビ システムズ社
  • デジタル マーケティング プロダクト
  • マネジメント ディレクター
  • クラスジャン・タッカー

すべては、Adobe Cloud Platformから始まります。本セッションでは、Adobe Cloud Platformがエクスペリエンスビジネスで果たす役割について紹介します。顧客の特定、理解、およびエンゲージメントにおいて、また、あらゆる場面で顧客を満足させる魅力的で一貫したエクスペリエンスの持続的な配信において、Adobe Cloud Platformは、大きな力となるでしょう。Adobe Cloud Platformは、それ自体がエクスペリエンスビジネスのためのSystem of Recordです。プラットフォームとは何か、今後の方向性、現在から将来にわたって得られる価値、さらには、パートナーの関与も含めて、アドビのプラットフォームが意味するものを正確に説明します。もちろん、説明だけでなく、実際のデモもご覧いただけます。

本セッションの内容:
Adobe Cloud Platformを構成するコンポーネント - Data Services Data Science
Workspaceがリッチな顧客エクスペリエンスのデザインと配信を劇的に改善
Adobe Cloud Platformとの統合とExperience Data Model利用の最初のステップ
サードパーティデベロッパー向けの統合オプション(今後の予定も含む)

S-13 14:20~15:00
CC
AI(Adobe Sensei)活用のコンテンツ戦略とコスト削減への道すじ
  • 阿部 成行
  • アドビ システムズ 株式会社

S-13 14:20~15:00

CC

AI(Adobe Sensei)活用のコンテンツ戦略とコスト削減への道すじ

阿部 成行
  • アドビ システムズ 株式会社
  • デジタル エクスペリエンス営業本部
  • 市場開発部
  • ビジネス ディベロップメント マネージャー
  • 阿部 成行

よりダイレクトに結びつく企業と顧客。パーソナライズされた多様な接点は、企業にコンテンツ制作と配信スピードの両面でコスト増を迫ります。本セッションでは、こうした課題にAI活用を前提としたコンテンツ基盤の構築とアセットの自社運用を提案します。
デジタル(Web)とアナログ(印刷物)の統合されたワークフロー、テンプレートベースのコンテンツ運用などコスト削減のポイントを解説。さらに、こうしたコンテンツワークフローの自動化、高速化をもたらすAIテクノロジーの現状と未来について紹介します。

S-14 14:20~15:00
BW
官民デジタルサービスの連携を目指す経済産業省の法人デジタルプラットフォーム
  • 満塩 尚史
  • 経済産業省

S-14 14:20~15:00

BW

官民デジタルサービスの連携を目指す経済産業省の法人デジタルプラットフォーム

満塩 尚史
  • 経済産業省
  • 商務情報政策局
  • 総務課 情報プロジェクト室
  • CIO補佐官
  • 満塩 尚史

現在、政府は手続きのデジタル化(デジタル・ガバメント)を推進しています。このデジタル・ガバメントは、利用者視点に立って、デジタルファースト、ワンスオンリー、コネクテッド・ワンストップをポイントとしています。
経済産業省では、このデジタル・ガバメントの一環として、法人手続きのデジタル化に必要な法人共通認証基盤や法人データ交換基盤の整備を進めています。この法人認証基盤や法人データ交換基盤が、法人手続きのデジタル化において果たす意義や利用者体験をどのように変革していくか紹介していきます。
また、デジタル・ガバメントは、官民のサービスの連携を想定しており、行政機関のサービスと民間サービスの連携イメージについても紹介します。

15:20~16:00

S-15 15:20~16:00
CV
マイクロモーメントの脅威と機会
~Adobe Live Stream を活用したUX向上のチャレンジ~
  • 前田 周輝
  • 株式会社リクルートライフスタイル
  • 伊野本 憲浩
  • 株式会社リクルートテクノロジーズ

S-15 15:20~16:00

CV

マイクロモーメントの脅威と機会
~Adobe Live Stream を活用したUX向上のチャレンジ~

前田 周輝
  • 株式会社リクルートライフスタイル
  • RLS NB本部
  • テクノロジープラットフォームUnit
  • データエンジニアリング1G
  • Data Product Strategist
  • 前田 周輝
伊野本 憲浩
  • 株式会社リクルートテクノロジーズ
  • ITエンジニアリング本部
  • データテクノロジーラボ部
  • 販促領域データテクノロジー用途開拓グループ
  • RLS Unitリーダー
  • 伊野本 憲浩

株式会社リクルートテクノロジーズ

マイクロモーメント時代のUXはどうあるべきなのか?モバイルデバイスの進化とカスタマ行動の変化は大きな機会であるとともに大きな脅威でもあります。
リクルートではAdobe Live Streamを活用したリクルートALLのイベントストリーム活用プラットフォームを構築し、初回訪問からユーザの直近の行動に応じた接客が可能な仕組みを構築しました。
今回はじゃらんなどのサービスを展開するリクルートライフスタイルの事例を中心に、当社の課題認識とAdobe Live Streamを活用したA/Bテストの事例や技術基盤について、ビジネスと技術の視点から、2名の担当者がユースケースを交えながら共有させていただきます。

S-16 15:20~16:00
CJ
Skyの顧客体験の改革による、自社の変革
AIによる新たな顧客への価値提供の実態
※同時通訳
  • ロブ・マクラフリン
  • Sky

S-16 15:20~16:00

CJ

Skyの顧客体験の改革による、自社の変革
AIによる新たな顧客への価値提供の実態
※同時通訳

ロブ・マクラフリン
  • Sky
  • デジタル アナリティクス、データ戦略担当
  • ロブ・マクラフリン

S-17 15:20~16:00
SP
Digital Reinventionによるエクスペリエンス・プラットフォームへの変革
~ 大規模AEM構築におけるアジャイル的実践アプローチ ~
  • 大沼 善信
  • 日本アイ・ビー・エム株式会社
  • 永山 裕
  • 全日本空輸株式会社
  • 大澤 信陽
  • 全日本空輸株式会社

S-17 15:20~16:00

SP

Digital Reinventionによるエクスペリエンス・プラットフォームへの変革
~ 大規模AEM構築におけるアジャイル的実践アプローチ ~

大沼 善信
  • 日本アイ・ビー・エム株式会社
  • グローバルビジネスサービス事業部
  • インタラクティブ・エクスペリエンス
  • 大沼 善信
永山 裕
  • 全日本空輸株式会社
  • マーケティング室
  • マーケットコミュニケーション部
  • 永山 裕
大澤 信陽
  • 全日本空輸株式会社
  • 業務プロセス改革室
  • イノベーション推進部
  • デジタルテックプロモーションチーム
  • 大澤 信陽

デジタル分野における改革が企業を超えて社会を変える「破壊的変革」の時代と言われています。IBMは、このような変革を必要とする企業に対して、ビジョン~プロトタイプ~実現のステップをアジャイルに推進するDigital Reinventionと呼ばれるアプローチをグローバルで提案して成果をあげています。
昨年、全日本空輸株式会社様において従来型のウェブサイトを企業全体のデジタルマーケティングのプラットフォームに変革すべく、Adobe Experience Managerの導入を計画し、11ヶ月という短期間での構築と移行を実現しました。この大規模なプロジェクトの成功には3つの鍵となるアジャイル的な取り組みがありました。
本セッションでは、このお客様をお招きし、IBMのグローバルサービス戦略であるDigital Reinventionの概要とともに、いかにして変革を短期間で成し遂げることができたのかをトーク形式でご紹介します。

S-18 15:20~16:00
SP
Tokyo 2020 - マーケットインテリジェンスが導く、2018ワールドカップのデータを活用したビジネスの進化とは
※同時通訳
  • Avi Wiesenberg
  • SimilarWeb Ltd.

S-18 15:20~16:00

SP

Tokyo 2020 - マーケットインテリジェンスが導く、2018ワールドカップのデータを活用したビジネスの進化とは
※同時通訳

Avi Wiesenberg
  • SimilarWeb Ltd.
  • インターナショナルマーケット
  • ゼネラルマネジャー
  • Avi Wiesenberg

ロシアのワールドカップにおいて、企業は如何にマーケットインテリジェンスのデータを活用し、ブランディングを成功させたのか。グローバルおよびローカルの企業、ブランド、スポンサーにとってデータのインサイトは何をもたらしたのか。今後の東京オリンピックのようなチャンスを最大限に活用するために必要な戦略構築ののヒントお伝えします。
アドビとのインテグレーションにより、Digital Market Intelligenceからの分析は加速されます。
当セッションではデータ活用して市場を理解し、競争力に繋がる発見を経て、市場で勝つ方法をお伝えします。

S-19 15:20~16:00
SP
そのセグメント設計、成果出せていますか?
~「計測」から「顧客インサイト」へ。加速するデータドリブンマーケティング~
  • 飯塚 久哲
  • 株式会社東急エージェンシー
  • 磯崎 直樹
  • ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
  • 萩原 康司
  • アドビ システムズ株式会社

S-19 15:20~16:00

SP

そのセグメント設計、成果出せていますか?
~「計測」から「顧客インサイト」へ。加速するデータドリブンマーケティング~

飯塚 久哲
  • 株式会社東急エージェンシー
  • マーケティングイノベーションセンター
  • データマネジメント局
  • データアナリティクス部
  • 部長 データサイエンティスト
  • 飯塚 久哲
磯崎 直樹
  • ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
  • ISP営業部門マーケティング部 データマネジメント課
  • 課長
  • 磯崎 直樹
萩原 康司
  • アドビ システムズ株式会社
  • アドビ カスタマー ソリューションズ統括本部
  • アカウント ソリューション コンサルティング部
  • ソリューション コンサルタント
  • 萩原 康司

WEBサイトにおける計測とA/Bテストなどの仮説検証はソリューションの進化もあり、多くの企業で活用されています。しかし、膨大なWEB履歴を使ってもっと分析ができるのではという期待や訪問者中心の分析が思ったより難しいという悩みもよく聞きます。
業界をリードする「Adobe Experience Cloud」と見込み顧客を発見する人工知能エンジン「Target Finder」の連携は専門性の高い分析手法や定性的な情報探索分析に慣れていなくても深い顧客理解と優れた顧客体験の提供を可能にします。
本セッションでは、ソニーネットワークコミュニケーションズ様の活用事例などをもとにWEBデータからダイナミックに訪問者の特徴を理解し、顧客インサイトに基づく施策の展開例を紹介します。

S-20 15:20~16:00
CC
顧客体験を考えるスピードでカタチにする、次世代UI/UXツールのご紹介
  • 仲尾 毅
  • アドビ システムズ 株式会社

S-20 15:20~16:00

CC

顧客体験を考えるスピードでカタチにする、次世代UI/UXツールのご紹介

仲尾 毅
  • アドビ システムズ 株式会社
  • Creative Cloudエバンジェリスト
  • 仲尾 毅

サービスや製品の訴求において、スマートフォンを中心としたUI/UXデザインにおける、インタラクティブ性や効果的な表現が重要となってきています。
本セッションでは、デザイナーやエンジニアだけでなく、マーケッターやサービス・製品を企画する方、そしてプロジェクトに関連する様々な部署・関連会社に迅速な合意形成を可能にする、プロフェッショナル業界標準ツールであるCreative Cloud製品群やAdobe Stock、その中心となる新ツールAdobe XD CCの基礎をご紹介します。

S-21 15:20~16:00
BW
Adobe Signを活用した不動産業界の新しい顧客体験
  • 原 雅史
  • アットホーム株式会社
  • 北川 和彦
  • アドビ システムズ 株式会社

S-21 15:20~16:00

BW

Adobe Signを活用した不動産業界の新しい顧客体験

原 雅史
  • アットホーム株式会社
  • 基幹サービス開発部
  • 部長
  • 原 雅史
北川 和彦
  • アドビ システムズ 株式会社
  • マーケティング本部
  • Document Cloud Marketing
  • 執行役員 ディレクター
  • 北川 和彦

アットホーム株式会社の原様をお迎えして、昨今の不動産業界を取り巻く電子化の状況やアットホームの戦略についてお話をいただきます。また、戦略から発生した施策や取り組みについても具体的にお話いただきます。業務を効率化しコストを圧縮すると同時に、不動産会社の顧客である建物のオーナーや借り主にどんな新しい顧客体験を創出できるかなど、アットホームならではのユニークな視点と課題解決へのヒントなどが聞ける興味深いセッションです。

16:20~17:00

S-22 16:20~17:00
AEM プラットフォーム運用者が考慮すべき7つの習慣
  • 菊池 貴仁
  • アドビ システムズ 株式会社

S-22 16:20~17:00

AEM プラットフォーム運用者が考慮すべき7つの習慣

菊池 貴仁
  • アドビ システムズ 株式会社
  • カスタマーケア本部 デジタルエクスペリエンス サポート
  • プリンシパルサポートエンジニア
  • 菊池 貴仁

ビジネスの本番サービスではたとえ入念に問題が発生しないようにアプリケーションの実装や構築を行い無事サービスが開始できたとしても、その後問題がないまま稼働が継続できるとは言い切れません。しばらくするとサービス開始時点では確認されなかったパフォーマンス低下など、サービス開始後特有の事象・問題が発生することがあり、運用フェーズに移った後でも様々な観点で注意する必要があります。
このセッションでは、Adobe Experience Manager (AEM) の運用でどこで見落とされることがあるか、見落としに対する解決方法、サービス品質向上のための施策など考慮すべき習慣についてご紹介いたします。

S-23 16:20~17:00
顧客の声から見えてきた!データを利益につなげる為に重要な事
  • 金井 陽子
  • アドビ システムズ 株式会社

S-23 16:20~17:00

顧客の声から見えてきた!データを利益につなげる為に重要な事

金井 陽子
  • アドビ システムズ 株式会社
  • アドビ カスタマー ソリューションズ 統括本部
  • コーポレートトレーナー
  • 金井 陽子

テクノロジーの進化が加速するデジタルマーケティング。
新しく取得可能になった膨大なデータを利益につなげるのがアナリストの役割です。
多くのアナリストが、ツールを駆使し、分析し、新しい改善の提案を始めています。しかし、結果を得られるまでには、アナリストだけでは解決が難しい多くの障壁があります。
この障壁を最小限に抑え、データを利益に結びつける為に重要な項目を、単なるツールの使い方だけではなく、組織論から、求められる人材像まで実務で必要な範囲まで広げて取り上げます。
アドビがこれまで市場で体験したノウハウを、実際のお客様の声を交えてご紹介いたします。

S-24 16:20~17:00
CI
IT部門の導入から始まった三井不動産のデジタルマーケティング
~その目的とデータの分析~
  • 中島 誠
  • 三井不動産株式会社

S-24 16:20~17:00

CI

IT部門の導入から始まった三井不動産のデジタルマーケティング
~その目的とデータの分析~

中島 誠
  • 三井不動産株式会社
  • ITイノベーション部
  • 専門役
  • 中島 誠
三井不動産株式会社

顧客のデジタル化が進み、企業と顧客とのタッチポイントも増え続けています。三井不動産株式会社ではグループの長期経営計画として「VISION2025」を策定し「顧客志向の経営」「ビジネスイノベーション」「グループ経営の進化」からなる基本ストラテジーを推進しています。
商業施設、分譲マンションなど三井不動産グループの様々なタッチポイントを通し、顧客行動を改めて把握するために始まったAdobe Analyticsの導入から、Adobe Audience Manager、Adobe Targetの活用など今のデジタル時代にマッチした顧客体験をどのように設計しているのかご紹介いたします。

S-25 16:20~17:00
CA
顧客体験ベースで考えるリスティング広告アカウント構造
  • 松原 央達
  • 株式会社リクルート
  • 原田 紀人
  • アドビ システムズ 株式会社

S-25 16:20~17:00

CA

顧客体験ベースで考えるリスティング広告アカウント構造

松原 央達
  • 株式会社リクルート
  • ネットマーケティング推進室
  • ネットマーケティング1部
  • ウェブマーケティング1グループ
  • メディアチーム
  • チームリーダー
  • 松原 央達
原田 紀人
  • アドビ システムズ 株式会社
  • アドバタイジング クラウド統括本部
  • 部長
  • 原田 紀人
株式会社リクルート

リスティング広告の最適なアカウント構造について、長年に渡り議論がされています。
リクナビネクストでは現在の潮流である統合型のアカウント構造から、顧客体験ベースのアカウント構造に再構築をしたところ、リスティング広告のパフォーマンスを改善するができました。
ポイントとなるのはデータです。データ分析に基づくアカウント再構築と、Adobe Advertising Cloud Searchのデータを重視した入札戦略によるリスティング広告の改善事例をお話します。

S-26 16:20~17:00
AP
Adobe Experience CloudのAI基盤
Adobe Senseiの最新情報のご紹介
  • 粟野原 広久
  • アドビ システムズ 株式会社

S-26 16:20~17:00

AP

Adobe Experience CloudのAI基盤
Adobe Senseiの最新情報のご紹介

粟野原 広久
  • アドビ システムズ 株式会社
  • シニア プロダクト マネージャー
  • リージョナル エバンジェリスト
  • 粟野原 広久

S-27 16:20~17:00
CC
「アナリティクス」と「デザイン」を掛け合わせた、顧客体験最適化のアプローチ
  • 保田 容之介
  • 株式会社Finatext
  • 榎本 拓郎
  • 株式会社Finatext

S-27 16:20~17:00

CC

「アナリティクス」と「デザイン」を掛け合わせた、顧客体験最適化のアプローチ

保田 容之介
  • 株式会社Finatext
  • クリエイティブディレクター
  • 保田 容之介
榎本 拓郎
  • 株式会社Finatext
  • サービスディレクター
  • 榎本 拓郎
株式会社Finatext

インターネットやスマートフォンの普及により、日々触れるデジタルデータ量が肥大化し、情報の収集・発信・拡散方法も大きく変わりました。さらにAIや仮想通貨といった新たな技術の誕生により、サービス開発の手法も日々変化しています。
FintechベンチャーのFinatextではAdobe AnalyticsやAdobe XDといったアドビツール群を活用して、どのように高速なPDCAを実現しているのか。元々の課題感や株取引アプリ「STREAM」での具体例、今後の展望を交えてお伝えします。

S-28 16:20~17:00
BW
仕事のスタイルを自分でデザイン!
今までとは違ったワークスタイルを確立。
  • 池澤 あやか
  • タレント/エンジニア
  • 昇塚 淑子
  • アドビ システムズ 株式会社

S-28 16:20~17:00

BW

仕事のスタイルを自分でデザイン!
今までとは違ったワークスタイルを確立。

池澤 あやか
  • タレント/エンジニア
  • 池澤 あやか
昇塚 淑子
  • アドビ システムズ 株式会社
  • マーケティング本部
  • Document Cloud Marketing プロダクトマネージャー
  • 昇塚 淑子

ゲストに池澤あやかさん(タレント/エンジニア)をお迎えします。
「美しすぎるプログラマー」と呼ばれる池澤あやかさんに、数週間 Document Cloudのアプリを使用してもらい、彼女目線で使用感や機能の素晴らしさについて解説していただきます。Document Cloudアプリを使いこなすAdobeのエバンジェリストも登壇して、今の時代の働き方についてや、PDF業務における生産性アップ術など多彩なセッションを繰り広げます。今すぐ業務で使える、目からウロコのAdobe Document Cloudの活用術、必見です!

17:20~18:50

G-1 17:20~18:50
SNEAKS
※同時通訳
  • スプツニ子!
  • アーティスト
  • スティーブ・ハモンド
  • アドビ システムズ社
  • 安西 敬介
  • アドビ システムズ 株式会社

G-1 17:20~18:50

SNEAKS
※同時通訳

スプツニ子!
  • アーティスト
  • スプツニ子!
プロフィール

1985年生まれ。
インペリアル・カレッジ数学科および情報工学科を卒業後、
英国王立芸術学院(RCA)デザイン・インタラクションズ専攻修士課程を修了。
在学中より、テクノロジーによって変化していく人間の在り方や
社会を反映させた映像インスタレーション作品を制作。

最近の主な展覧会に、2017年「JAPANORAMA」(ポンピドゥーセンターメス、 仏)
2016年「第3回瀬戸内国際芸術祭」(常設作品「豊島八百万ラボ」)
「NEW SENSORIUM」(ZKMアートセンター、ドイツ)
「The Universe and Art」(森美術館)
「Collecting Future Japan - Neo Nipponica」
(ビクトリア&アルバート博物館、イギリス)など。

2013年よりマサチューセッツ工科大学(MIT) メディアラボ助教に就任しDesign Fiction Group を率いた。
2017年秋に東京大学RCAデザインラボ 特任准教授就任。
VOGUE JAPAN ウーマンオブザイヤー2013受賞。
2014年FORBES JAPAN 「未来を創る日本の女性10人」選出。
2016年 第11回「ロレアル‐ユネスコ女性科学者 日本特別賞」受賞。
2017年 世界経済フォーラム 「ヤンググローバルリーダーズ」選出。
著書に「はみだす力」。共著に「ネットで進化する人類」(伊藤穰一監修)など

スティーブ・ハモンド
  • アドビ システムズ社
  • プロダクトマネージメント担当
  • シニアディレクター
  • スティーブ・ハモンド
安西 敬介
  • アドビ システムズ 株式会社
  • アドビ カスタマー ソリューションズ統括本部
  • プロダクト エバンジェリスト 兼 シニアコンサルタント
  • 安西 敬介

アドビが未来に実現するかもしれない研究開発中の技術とサービスを紹介する特別セッション。
アドビの人工知能 (AI)、Adobe Senseiを採用した新機能など、各分野における最新技術を公開します。

9月5日(水) Day2

Industry & Case Study

Day2は、業界ごとのお客様事例を中心としたプログラムをご用意しています。

10:00~12:00

K-2 10:00~12:00
Keynote
Experience Makers
※同時通訳
  • 足立 光
  • 元 日本マクドナルド株式会社
  • 成松 岳志
  • アスクル株式会社
  • 鈴木 愛子
  • 花王株式会社
  • 佐々木 丈也
  • 三井住友カード株式会社
  • 祖谷 考克
  • アドビ システムズ 株式会社
  • 小栗 順平
  • アドビ システムズ 株式会社

K-2 10:00~12:00

Experience Makers
※同時通訳

足立 光
  • 元 日本マクドナルド株式会社
  • 足立 光
成松 岳志
  • アスクル株式会社
  • BtoCカンパニー
  • ビジネスマネジメント&アナリティクス 統括部長
  • 兼 ECマーケティングディレクター
  • 成松 岳志
鈴木 愛子
  • 花王株式会社
  • マーケティング開発部門
  • デジタルマーケティング部部長
  • 鈴木 愛子
佐々木 丈也
  • 三井住友カード株式会社
  • 統合マーケティング部長
  • 佐々木 丈也
祖谷 考克
  • アドビ システムズ 株式会社
  • アドビ グローバルサービス統括本部
  • ビジネスコンサルティング本部 本部長
  • 兼 デジタル ストラテジー グループ マネージャー
  • 祖谷 考克
小栗 順平
  • アドビ システムズ 株式会社
  • グローバルサービス統括本部
  • カスタマーサクセスマネジメント本部
  • 本部長
  • 小栗 順平

顧客体験に変革をおこし、ビジネスの成長を実現する「Experience Makers」による講演をお届けします。

13:20~14:00

S-29 13:20~14:00
小売
ビジネスモデルの変革を支えるアドビの決済基盤
  • 永沼 大輔
  • 株式会社AOKI
  • 谷澤 雄一郎
  • 株式会社AOKI
  • プラブネ マニッシュ
  • アドビ システムズ 株式会社

S-29 13:20~14:00

小売

ビジネスモデルの変革を支えるアドビの決済基盤

永沼 大輔
  • 株式会社AOKI
  • suitsbox事業部
  • ビジネスオーナー
  • 永沼 大輔
谷澤 雄一郎
  • 株式会社AOKI
  • suitsbox事業部
  • ビジネスオーナー
  • 谷澤 雄一郎
プラブネ マニッシュ
  • アドビ システムズ 株式会社
  • デジタル エクスペリエンス営業本部
  • 市場開発部長
  • プラブネ マニッシュ

顧客環境のデジタル化に伴い、多くの企業がビジネスモデルの変革を求められています。従来、店舗で商品を販売をしていた企業がサブスクリプション型のビジネスへ転換し、商品だけでは無く、サービスや顧客体験の質の向上により、顧客の獲得に努めています。本セッションでは、アドビと同様にサブスクリプション型のビジネスを立ち上げた、AOKIsuitsbox事業部からゲストに迎え、ビジネスウェアの定額レンタルサービス「suitsbox」誕生の背景とそれを支えるテクノロジーについて、ご紹介をして行きます。

S-30 13:20~14:00
SP
ObservePointでより簡単に実現できる高品質なデータ計測
※同時通訳
  • 安部 重成
  • エクスチュア株式会社
  • Clint Gausnell
  • ObservePoint
  • 中野 秀規
  • 株式会社リクルートライフスタイル
  • 由良 伸樹
  • 株式会社リクルートライフスタイル

S-30 13:20~14:00

SP

ObservePointでより簡単に実現できる高品質なデータ計測
※同時通訳

安部 重成
  • エクスチュア株式会社
  • R&D
  • Managing Director, R&D
  • 安部 重成
Clint Gausnell
  • ObservePoint
  • Sales Development
  • Director of Sales
  • Clint Gausnell
中野 秀規
  • 株式会社リクルートライフスタイル
  • ネットビジネス本部 テクノロジープラットフォームU データマネジメントG データプロデュースT
  • アクセス解析担当者
  • 中野 秀規
由良 伸樹
  • 株式会社リクルートライフスタイル
  • ネットビジネス本部 テクノロジープラットフォームU データマネジメントG データプロデュースT
  • アクセス解析担当者
  • 由良 伸樹

分析やパーソナライゼーションのような企業のマーケティング活動において、高品質で正しいデータが強く求められています。
データの信頼性を高め、正しいマーケティングの決断を実現しながら、品質チェックやサイト構築のサイクルのワークフローを効率化する方法をエクスチュアとObservePointがお話します。
また、ObservePointの導入企業であるリクルート様より、ObservePointの自動ウェブジャーニー監視機能やマルチチャネル分析監査機能を利用してどのようにデータの高品質化や検証プロセスの自動化を行ったかをお話しいただきます。

S-31 13:20~14:00
SP
自社サイトのパーソナライズだけで新規獲得は純増する!
ソニー損保が実践した態度変容施策とは?
  • 筒井 康晴
  • ソニー損害保険株式会社
  • 辻 陽子
  • 株式会社アイ・エム・ジェイ

S-31 13:20~14:00

SP

自社サイトのパーソナライズだけで新規獲得は純増する!
ソニー損保が実践した態度変容施策とは?

筒井 康晴
  • ソニー損害保険株式会社
  • CXデザイン部
  • 主査
  • 筒井 康晴
辻 陽子
  • 株式会社アイ・エム・ジェイ
  • Marketing Platform第1本部 Business Consulting部
  • 辻 陽子

Webサイト上での「Customer Experience」向上が叫ばれるようになって随分経ちますが、それを実現できているWebサイトは決して多くはありません。単にユーザーのデータを集めて分析するだけでは不十分で、「ユーザーの行動を把握し理解する」「一貫した戦略に沿って施策を打つ」「常にユーザーの変化を追い掛ける」といった姿勢を維持しながらWebサイトを改善していく必要があるからです。
今回ご登壇いただくソニー損保様は、Adobe Targetを使って態度変容施策を実施し、「Customer Experience」を向上させるとともに、新規契約者を大幅に増加させることに成功されました。
本セッションでは、顧客視点の仮説から導くユーザーセグメントの選定や顧客の態度変容に関する具体的な施策に対する考え方など、ソニー損保様が実践された態度変容施策の全容を余すところなくお伝えいたします。

S-32 13:20~14:00
SP
Adobe・Microsoftで実現する利便性と安全性を両立させる基盤と新しい顧客体験
  • 曽我 拓司
  • 日本マイクロソフト株式会社

S-32 13:20~14:00

SP

Adobe・Microsoftで実現する利便性と安全性を両立させる基盤と新しい顧客体験

曽我 拓司
  • 日本マイクロソフト株式会社
  • パートナー事業本部
  • パートナー テクノロジー アーキテクト
  • 曽我 拓司

2017年9月の提携の発表以降、AdobeとMicrosoftは着実に連携を進めてきました。
本セッションでは、その提携の根幹である、AzureおよびDynamics 365 についてご紹介し、それらのMicrosoft クラウドとAdobe Experience Cloudを連携することで見えてくる、いままでの”デジタルマーケティング“を拡張する新しい顧客体験についてご紹介させていただきます。

S-33 13:20~14:00
サイト分析の勘所!
Adobe Analytics セグメントの考え方とベスト・プラクティス
  • 清水 明生
  • アドビ システムズ 株式会社

S-33 13:20~14:00

サイト分析の勘所!
Adobe Analytics セグメントの考え方とベスト・プラクティス

清水 明生
  • アドビ システムズ 株式会社
  • カスタマーエクスペリエンス本部
  • デジタルエクスペリエンス サポート
  • テクニカル サポート コンサルタント
  • 清水 明生

測定データのセグメンテーションは、ブランドサイトやマーケティング施策の深度・貢献度を分析する際に欠かせない手法です。Adobe Analytics では、視覚的な操作で簡単にセグメントを作成し、データをセグメンテーションすることが出来ます。しかしその一方で、簡単であるからこそ迷走する例も少なくありません。このセッションでは、Adobe Analytics レポーティングの基礎であるセグメントの特性と仕様を図解も交えて解説します。

S-34 13:20~14:00
旅行 & 観光
オーストラリア政府観光局が実践するデジタル戦略
2nd Party データの活用による、組織を横断したデータ活用
※同時通訳
  • ラリッサ・ナリー
  • オーストラリア政府観光局
  • ポール・フレーザー
  • オーストラリア政府観光局

S-34 13:20~14:00

旅行 & 観光

オーストラリア政府観光局が実践するデジタル戦略
2nd Party データの活用による、組織を横断したデータ活用
※同時通訳

ラリッサ・ナリー
  • オーストラリア政府観光局
  • デジタル、モバイル、UX 担当 グローバルマネージャー
  • ラリッサ・ナリー
ポール・フレーザー
  • オーストラリア政府観光局
  • テクノロジー担当 グローバルマネージャー
  • ポール・フレーザー

HO-1 13:20~15:20
Hands on Lab(有料トレーニングセッション)
最新のAEMで最先端のCMSをハンズオンで体験
※このセッションは有料です。受講料: ¥10,800(税込)を事前にお支払いいただきます。
  • 金子 哲士
  • アドビ システムズ 株式会社
このセッションは
13:20~15:20です。

HO-1 13:20~15:20

Hands on Lab(有料トレーニングセッション)
最新のAEMで最先端のCMSをハンズオンで体験

金子 哲士
  • アドビ システムズ 株式会社
  • アドビ カスタマー ソリューションズ 統括本部
  • コーポレートトレーナー
  • 金子 哲士

コンテンツ管理の基盤として、第三者機関でも高い評価を受けるAEM。
今年リリースされた最新のAEM6.4を使い、簡単なページ作成から、マルチデバイス対応、パーソナライズ対応まで、最先端のコンテンツ作成を2時間のハンズオン形式で体験いただきます。
テンプレート作成機能や、コンテンツの部品化、Adobe SenseiによるAI連携など、AEMが持つ実務で役立つ機能もピックアップしてご紹介します。
CMS導入を検討されている方、CMSは初めての方、既に様々なCMSのご利用経験がある方、どなたでもご参加いただけます。

※このセッションは有料です。受講料: ¥10,800(税込)を事前にお支払いいただきます。
※事前登録が無い方、事前のお支払いがお済みでない方は、ご参加いただくことができません。
※当日はPC(MAC/Windows)をお持ちください。ブラウザをChromeかFireFoxで事前にご準備ください。

HO-2 13:20~15:20
Hands on Lab(有料トレーニングセッション)
Reports & Analytics 超概要トレーニング
※このセッションは有料です。受講料: ¥10,800(税込)を事前にお支払いいただきます。
  • 金井 陽子
  • アドビ システムズ 株式会社
このセッションは
13:20~15:20です。

HO-2 13:20~15:20

Hands on Lab(有料トレーニングセッション)
Reports & Analytics 超概要トレーニング

金井 陽子
  • アドビ システムズ 株式会社
  • アドビ カスタマー ソリューションズ 統括本部
  • コーポレートトレーナー
  • 金井 陽子

昨年、好評だったこちらのセッション。今年もまた開催いたします!
Reports & Analytics に興味はあるけれども、操作したことが無い方や、会社では導入されているものの、全く使い方がわからない方、機能の概要を知りたいと思っている方を対象とし、実際に操作できる環境で、基本的な使い方をご案内する、超初心者向けのセッションとなっております。ログインの仕方、画面構成、各種レポートの見方、指標の定義や、分析データの収集の仕組みなどをご紹介します。

※このセッションは有料です。受講料: ¥10,800(税込)を事前にお支払いいただきます。
※事前登録が無い方、事前のお支払いがお済みでない方は、ご参加いただくことができません。
※当日はPC(MAC/Windows)をお持ちください。

14:20~15:00

S-35 14:20~15:00
小売
グローバルに見る、小売業界の最新トレンド
※同時通訳
  • マイケル・クライン
  • アドビ システムズ 社

S-35 14:20~15:00

小売

グローバルに見る、小売業界の最新トレンド
※同時通訳

マイケル・クライン
  • アドビ システムズ 社
  • マイケル・クライン

S-36 14:20~15:00
消費財
消費財業界のおけるカスタマーエクスペリエンスの考え方
  • 石井 龍夫
  • アドビ システムズ 株式会社

S-36 14:20~15:00

消費財

消費財業界のおけるカスタマーエクスペリエンスの考え方

石井 龍夫
  • アドビ システムズ 株式会社
  • デジタル エクスペリエンス営業本部
  • エグゼクティブフェロー
  • 石井 龍夫

S-37 14:20~15:00
製造 & 自動車
顧客体験をビジネスの中心に
- 製造・自動車業界の取り組み
  • 野口 祐成
  • アドビ システムズ 株式会社
  • 柴田 貴之
  • アドビ システムズ 株式会社

S-37 14:20~15:00

製造 & 自動車

顧客体験をビジネスの中心に
- 製造・自動車業界の取り組み

野口 祐成
  • アドビ システムズ 株式会社
  • グローバル サービス統括本部
  • ソリューション コンサルティング本部
  • ソリューション コンサルタント
  • 野口 祐成
柴田 貴之
  • アドビ システムズ 株式会社
  • グローバル サービス統括本部
  • ソリューション コンサルティング本部
  • プリンシパル ソリューション コンサルタント
  • 柴田 貴之

ビジネスの成長には最適な顧客体験の提供が必要です。
顧客体験の提供については以前からさまざまな取り組みが行われていました。
現在ではテクノロジーが進化し、あらゆるチャネルで最高の顧客体験を提供する手段が揃っています。
それらの手段を活用している製造・自動車業界の取り組みをご紹介いたします。

S-38 14:20~15:00
金融
金融業界におけるデジタルトレンド
~更なる顧客体験の実現に向けたポイント~
  • 高橋 佳希
  • アドビ システムズ 株式会社
  • 上田 淳平
  • アドビ システムズ 株式会社

S-38 14:20~15:00

金融

金融業界におけるデジタルトレンド
~更なる顧客体験の実現に向けたポイント~

高橋 佳希
  • アドビ システムズ 株式会社
  • デジタル エクスペリエンス営業本部
  • 法人営業一部
  • 部長
  • 高橋 佳希
上田 淳平
  • アドビ システムズ 株式会社
  • アカウント ソリューション コンサルティング部
  • シニア ソリューション コンサルタント
  • 上田 淳平

Fintechによる金融デジタルサービスが加速し、顧客の金融機関に対する要求水準が日々高くなっています。各金融機関はこれらの要望に応えるべく、顧客体験の向上に向けた取り組みを実施されています。
本セッションでは、マーケティング 活動に関する国内外の調査結果から金融業界におけるデジタルトランスフォーメーションのトレンドをご紹介し、今後のさらなる顧客体験の向上に必要なポイントについて、海外の事例を踏まえながらお伝えします。

S-39 14:20~15:00
通信 & メディア
新しいビックデータ時代におけるデジタルマーケティングの近未来
  • 櫻井 秀一
  • アドビ システムズ 株式会社

S-39 14:20~15:00

通信 & メディア

新しいビックデータ時代におけるデジタルマーケティングの近未来

櫻井 秀一
  • アドビ システムズ 株式会社
  • アドビカスタマーソリューションズ統括本部
  • プロフェッショナルサービス事業本部
  • STAACコンサルティング部 部長
  • 櫻井 秀一

データ、チャネルが多様化・複雑化する一方、GDPRやFacebook問題により、企業にとって、データとの新しい関わり方を模索するタイミングとなっている。データベースや分析に関わって来たコンサルタントが、デジタルマーケティングの近未来を語ります。

S-40 14:20~15:00
旅行 & 観光
旅行業界に起きる新しいトレンド
ビジネス&レジャー = Bleisure(出張休暇)におけるデジタルの活用
  • プラブネ マニッシュ
  • アドビ システムズ 株式会社

S-40 14:20~15:00

旅行 & 観光

旅行業界に起きる新しいトレンド
ビジネス&レジャー = Bleisure(出張休暇)におけるデジタルの活用

プラブネ マニッシュ
  • アドビ システムズ 株式会社
  • デジタル エクスペリエンス営業本部
  • 市場開発部長
  • プラブネ マニッシュ

15:20~16:00

S-41 15:20~16:00
小売
Adobe CampaignでMarketing Automationを成功させた3つの秘訣
  • 滝田 菜々子
  • 株式会社ドミノ・ピザ ジャパン
  • 武井 智子
  • 株式会社ドミノ・ピザ ジャパン
  • 加藤 彬
  • アドビ システムズ 株式会社

S-41 15:20~16:00

小売

Adobe CampaignでMarketing Automationを成功させた3つの秘訣

滝田 菜々子
  • 株式会社ドミノ・ピザ ジャパン
  • マーケティング部 WEBマーケティング課
  • シニアスペシャリスト
  • 滝田 菜々子
武井 智子
  • 株式会社ドミノ・ピザ ジャパン
  • マーケティング部 WEBマーケティング課
  • シニアスペシャリスト
  • 武井 智子
加藤 彬
  • アドビ システムズ 株式会社
  • アドビカスタマーソリューションズ統括本部
  • プロフェッショナルサービス事業本部
  • STAACコンサルティング部 コンサルタント
  • 加藤 彬
株式会社ドミノ・ピザ ジャパン

株式会社ドミノ・ピザ ジャパンは日本国内に500以上の店舗を持つ大手ピザデリバリーチェーンです。お客様目線に立った質の高いマーケティング施策を追求することを目標としており、お客様に合わせた最適なキャンペーンを届けたいと考えておりました。
昨年従来のシステムからAdobe Campaignへキャンペーンメールシステムを切り替え、結果として作業時間の86%削減、パーソナライズされたメールによる開封率、クリック率の向上といった大きな成果を出すことができました。
成果を出すことができた秘訣を、データ、運用、企画の3つの点からお話しいたします。

S-42 15:20~16:00
消費材
活躍想像図から進める花王のAEM
~AEMの具体的な活用、その導入の背景とポイント~
  • 後藤 亮
  • 花王株式会社
  • 田中 剛
  • 花王株式会社
  • 安西 敬介
  • アドビ システムズ 株式会社

S-42 15:20~16:00

消費材

活躍想像図から進める花王のAEM
~AEMの具体的な活用、その導入の背景とポイント~

後藤 亮
  • 花王株式会社
  • デジタルマーケティング部
  • コミュニケーション技術室
  • 室長
  • 後藤 亮
田中 剛
  • 花王株式会社
  • デジタルマーケティング部
  • コミュニケーション技術室
  • マネージャー
  • 田中 剛
安西 敬介
  • アドビ システムズ 株式会社
  • アドビ カスタマー ソリューションズ統括本部
  • プロダクト エバンジェリスト 兼 シニアコンサルタント
  • 安西 敬介
花王株式会社

システムを導入するだけで社内の問題は解決しない。Webサイト管理やアセット管理を実施し、活用するには、導入後にどのようなビジョンを描いているか、そこから何をすべきかに落としていくことで社内システムの活用は進みます。
当セッションでは、実際にAdobe Experience Managerを導入された花王様に、導入時にどのようなビジョンを描いており、そこからどう落とし込んでいったのか、AEM導入のポイントをパネルディスカッション形式でお伺いしていきます。

S-43 15:20~16:00
製造 & 自動車
技術から顧客体験中心の開発へ
-カシオが実践するデータを活用した新たなアプローチ-
  • 道蔦 聡実
  • カシオ計算機株式会社

S-43 15:20~16:00

製造 & 自動車

技術から顧客体験中心の開発へ
-カシオが実践するデータを活用した新たなアプローチ-

道蔦 聡実
  • カシオ計算機株式会社
  • コーポレートコミュニュケーション部
  • デジタルマネジメントグループ
  • 主幹
  • 道蔦 聡実
カシオ計算機株式会社

企業に対する顧客の期待値は商品だけではなく、その先にある顧客体験にシフトしてきています。これまでの企画や技術中心の商品開発プロセスからデータを収集・分析し商品開発に生かすプロセスへと変革を遂げました。またデータを活用することで商品を販売しただけでは終わらない、購入後の顧客体験提供を目指した新たなアプローチを始めております。本セッションではAdobeソリューションを活用して実践しいている内容や、分析をして得られた発見をお伝えいたします。

S-45 15:20~16:00
金融
10年先を見据えた金融業界のデジタル戦略とは
  • 生駒 浩大
  • アドビ システムズ 株式会社
  • 三嶋 春菜
  • アドビ システムズ 株式会社

S-45 15:20~16:00

金融

10年先を見据えた金融業界のデジタル戦略とは

生駒 浩大
  • アドビ システムズ 株式会社
  • デジタルストラテジーグループ
  • デジタルストラテジスト
  • 生駒 浩大
三嶋 春菜
  • アドビ システムズ 株式会社
  • デジタルストラテジーグループ
  • デジタルストラテジスト
  • 三嶋 春菜

金融庁が金融法制の抜本的な再編に乗り出し、銀行の役割や定義が大きく変容しています。環境変化が激しい昨今、企業はデジタルをどう活用し、戦略を策定し、組織変革を実行していくべきなのでしょうか。本セッションでは、金融業界のデジタルトランスフォーメーションの潮流と最新事例を取り上げます。また、デジタル戦略を実行するために必要な視点を、デジタルストラテジーグループがご用意している支援プログラムと共にお伝えします。

HO-3 15:40~17:40
Hands on Lab(有料トレーニングセッション)
LINEチャネルのマーケティングキャンペーンを作ってみよう!
※このセッションは有料です。受講料: ¥10,800(税込)を事前にお支払いいただきます。
  • 萩原 昭美
  • アドビ システムズ 株式会社
  • 金井 陽子
  • アドビ システムズ 株式会社
このセッションは
15:40~17:40です。

HO-3 15:40~17:40

Hands on Lab(有料トレーニングセッション)
LINEチャネルのマーケティングキャンペーンを作ってみよう!

萩原 昭美
  • アドビ システムズ 株式会社
  • アドビ カスタマー ソリューションズ 統括本部
  • コーポレートトレーナー
  • 萩原 昭美
金井 陽子
  • アドビ システムズ 株式会社
  • アドビ カスタマー ソリューションズ 統括本部
  • コーポレートトレーナー
  • 金井 陽子

手軽な通信手段として、LINE利用者が増加を続ける中、LINEに対するマーケティングのニーズも高まっております。
今回、アドビデジタルラーニングサービスでは、LINE チャネルを使ったAdobe Campaignでのマーケティングキャンペーンの設定方法の習得とLINEチャネル配信を実機でお試しいただけるコースを開催いたします。
マーケティング施策者として、Adobe CampaignでLINEメッセージを作成し、配信を実施します。また、メッセージを受け取るユーザーとしてLINEでお友達として追加をし、実際にメッセージを受け取る操作なども体験していただきます。
LINEチャネルを使った配信の一連の流れを体験いただけるコースです。Adobe Campaignを使ったことがない方でも気軽にご参加ください。

※このセッションは有料です。受講料: ¥10,800(税込)を事前にお支払いいただきます。
※事前登録が無い方、事前のお支払いがお済みでない方は、ご参加いただくことができません。
※当日はPC(Windowsのみ)をお持ちください。

HO-4 15:40~17:40
Hands on Lab(有料トレーニングセッション)
使ってみよう Analysis Workspace
※このセッションは有料です。受講料: ¥10,800(税込)を事前にお支払いいただきます。
  • 真木 順
  • アドビ システムズ 株式会社
このセッションは
15:40~17:40です。

HO-4 15:40~17:40

Hands on Lab(有料トレーニングセッション)
使ってみよう Analysis Workspace

真木 順
  • アドビ システムズ 株式会社
  • アドビ カスタマー ソリューションズ 統括本部
  • コーポレートトレーナー
  • 真木 順

今年も開催!
フレキシブルにレポートを出力できる、Analysis Workspaceの魅力的な機能について、ご案内するセッションとなります。演習環境にログインしていただき、Analysis Workspaceの便利な機能を実際に体験することができます。
尚、レポートの意味や指標の意味の説明は含まれませんのでご注意下さい。レポートや指標の意味の簡単な説明は、もう1つのセッション「Reports & Analytics 超概要トレーニング」でご案内いたします。

※このセッションは有料です。受講料: ¥10,800(税込)を事前にお支払いいただきます。
※事前登録が無い方、事前のお支払いがお済みでない方は、ご参加いただくことができません。
※当日はPC(MAC/Windows)をお持ちください。

16:20~17:00

S-47 16:20~17:00
小売
変革に挑むアメリカの老舗デパートが実現する
DMP活用によるオンラインと店舗の一貫した顧客体験
※同時通訳
  • キンドル・フェル
  • Nordstrom
  • プラブネ マニッシュ
  • アドビ システムズ 株式会社

S-47 16:20~17:00

小売

変革に挑むアメリカの老舗デパートが実現する
DMP活用によるオンラインと店舗の一貫した顧客体験
※同時通訳

Nordstrom
  • Nordstrom
  • ディレクター プロダクトマネージメント
  • キンドル・フェル
プラブネ マニッシュ
  • アドビ システムズ 株式会社
  • デジタル エクスペリエンス営業本部
  • 市場開発部長
  • プラブネ マニッシュ

S-48 16:20~17:00
消費財
ECサイト運用及びCRM分析におけるAnalyticsデータのマーケティング活用
~ 1400万人会員データを活用したメーカー直販ECサイト運用事例 ~
  • 小森谷 裕之
  • 株式会社ディーエイチシー

S-48 16:20~17:00

消費財

ECサイト運用及びCRM分析におけるAnalyticsデータのマーケティング活用
~ 1400万人会員データを活用したメーカー直販ECサイト運用事例 ~

小森谷 裕之
  • 株式会社ディーエイチシー
  • IT推進部 IT戦略課
  • 課長
  • 小森谷 裕之
株式会社ディーエイチシー

会員数1400万人を超えるメーカー直販ECサイト「DHCオンラインショップ」
化粧品/サプリメント/ダイエット商材/ヘアケア商材/遺伝子商材/食品/アパレル/お酒など、総合通販サイトとして、日次/週次/月次のサイト運用からCRM分析までAnalyticsデータ単体として、また他のデータと結合したデータ及び機能の活用事例をご紹介致します。
1)EXCEL連携(Report Builder活用)
2)Adobe機能単体(ワークスペース活用)
3)BI連携(Data Warehouse活用)
などを使用用途、閲覧者/分析者の業務等を考慮しどのようにPDCA運用に活用しているのかを中心にお話致します。

S-51 16:20~17:00
通信 & メディア
DMPを中心にしたAccount Based Marketingの取り組み
  • 森本 祐吏
  • KDDI株式会社

S-51 16:20~17:00

通信 & メディア

DMPを中心にしたAccount Based Marketingの取り組み

森本 祐吏
  • KDDI株式会社
  • ソリューション事業企画本部 ソリューションマーケティング部
  • 主任
  • 森本 祐吏
KDDI株式会社

BtoBのマーケティングではMAを中心に施策が想起されますが、MA でのマーケティングを早くから実践し、これまで無駄が多いマーケティング活動を、広告、WEB サイト含めてデジタルのオムニチャネルでの新たなマーケティング施策を実施。DMPを中心にしたAccount Based Marketingの取り組みを紹介します。

S-52 16:20~17:00
旅行 & 観光
ANAが考えるデジタルマーケティングから顧客体験向上への変革
  • 永山 裕
  • 全日本空輸株式会社

S-52 16:20~17:00

旅行 & 観光

ANAが考えるデジタルマーケティングから顧客体験向上への変革

永山 裕
  • 全日本空輸株式会社
  • マーケティング室 マーケットコミュニケーション部
  • 永山 裕
全日本空輸株式会社

テクノロジーの進化によって企業が行うマーケティング活動は劇的に変化をしました。
ANAも組織体系を変更したり、デジタルのタッチポイントを最大限活用したコミュニケーションをお客様と行うことでマーケティング活動を進化させました。
しかし、そういった状況の中で「デジタルマーケティング」ということだけを考えているとお客様とのコミュニケーションが成立しないという状況にも陥りました。
本セッションでは、ANAが「デジタルマーケティングの進化」から「顧客体験の向上」に変革するために、どのようなことを考え、どのようなソリューションを準備しているかをご紹介します。

17:20~18:00

S-53 17:20~18:00
小売
デジタル時代のKPIマネジメント
-『脱CVR』顧客満足×健全な成長に必要なKPIとは -
  • 梶井 健吉
  • アスクル株式会社

S-53 17:20~18:00

小売

デジタル時代のKPIマネジメント
-『脱CVR』顧客満足×健全な成長に必要なKPIとは -

梶井 健吉
  • アスクル株式会社
  • ビジネスマネジメント&アナリティクス
  • 梶井 健吉
アスクル株式会社

デジタル時代の今、様々なデータが可視化できるようになりましたが、正しい数字を追いかけないと、目標達成がビジネスの成長にうまく結びつきません。
普段から部門ごとの目標や、ABテストの評価などKPI設計をする場面は多々あるかと思います。
ロハコでは、データに基づいたアクションとサービスの健全な成長がダイレクトに結びつくように、精度の高いKPI設計を重要視し始めております。
本セッションではその取り組みや考え方について事例を用いてお話させていただきます。

S-54 17:20~18:00
消費材
マルチソリューションで実現するコンテンツマーケティングのネクストステージ
~PV・UU、SEO効果「だけ」からの脱却~
  • 笹島 誠大
  • アドビ システムズ 株式会社

S-54 17:20~18:00

消費材

マルチソリューションで実現するコンテンツマーケティングのネクストステージ
~PV・UU、SEO効果「だけ」からの脱却~

笹島 誠大
  • アドビ システムズ 株式会社
  • アドビ カスタマー ソリューションズ統括本部
  • ソリューション アーキテクト部
  • シニア ソリューション アーキテクト
  • 笹島 誠大

消費財においては、顧客の顔が見えにくいことが課題です。
そのため、コンテンツマーケティングを活用したコミュニケーションが実施されています。
しかしながら、現実はPV・UU、SEO効果を確認するだけで終わっているのがほとんどです。
当セッションでは、「コンテンツを作って効果を確認するだけのコンテンツマーケティング」から「双方向のコミュニケーションを実現する考え方やマルチソリューションの活用」をご紹介します。

S-55 17:20~18:00
製造 & 自動車
日産のカスタマ―エクスペリエンス戦略
~DMPから見えること~
  • 工藤 然
  • 日産自動車株式会社

S-55 17:20~18:00

製造 & 自動車

日産のカスタマ―エクスペリエンス戦略
~DMPから見えること~

工藤 然
  • 日産自動車株式会社
  • 日本デジタルカスタマーエクスペリエンス部<FDC>
  • 主管
  • 工藤 然
日産自動車株式会社

日産自動車では、2017年度に新しい組織として「日本デジタルカスタマーエクスペリエンス部」を発足し、顧客視点に立脚したデジタル時代ならではの新しいソリューションを提供すべく活動しています。その取組の概要と、中心となるDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)の分析からのマーケティング展開についてご紹介します。

S-56 17:20~18:00
金融
金融業界の保守的文化を乗り越える秘訣とは?
~現場のアドビコンサルタントが具体事例で語る~
  • 芥川 公亮
  • アドビ システムズ 株式会社
  • 大塚 庸平
  • アドビ システムズ 株式会社

S-56 17:20~18:00

金融

金融業界の保守的文化を乗り越える秘訣とは?
~現場のアドビコンサルタントが具体事例で語る~

芥川 公亮
  • アドビ システムズ 株式会社
  • ビジネスコンサルティング本部
  • エクスペリエンスビジネス部
  • シニアコンサルタント
  • 芥川 公亮
大塚 庸平
  • アドビ システムズ 株式会社
  • ビジネスコンサルティング本部
  • エクスペリエンスビジネス部
  • コンサルタント
  • 大塚 庸平

金融業界ではFintechに代表されるようにテクノロジー&サービスの発展が目覚ましく、また競合や新規参入といった外部環境の変化が激しいため、マーケティング部門は経営層からのデジタル活用に関する強いプレッシャーにさらされています。

一方で金融業界では特に「お客さまの信頼」が重要であることから、安定性や高いセキュリティが求められるシステム部門、お客様の個人情報の扱いに極めて慎重なCRM部門、表現などに厳しいコンプライアンス部門など「保守的な企業文化」が組織内に根付いているのが一般的です。

 本セッションでは、日々マーケティング部門の現場の一員として活動しているコンサルタントから、保守的な組織文化の中で「部門間の壁をどう乗り越えてデジタル化を進めるか?」について、現場のマネージャーや担当者に役立つ「失敗事例や解決の糸口」をご紹介します。

※スケジュールおよびプログラム内容は予告なしに変更になる場合があります。